沖縄のファクタリング 、介護ファクタリング 、不動産担保ローンは株式会社ビジネスアシストにお任せください。

news

新着

不動産担保ローンを借り換えて、事業資金にゆとりをもつ

昨今のコロナ渦の中で、「毎月の資金繰りをどうすればよいか?」「 複数のローンの返済が重い」など事業を運営する資金調達にお悩みの経営者が多いのではないでしょうか?
そのような悩みを持つお客様には、不動産担保ローンを借り換えることで事業資金にゆとりを持ってもらうことをご提案しています。

弊社は沖縄で不動産担保ローンを取り扱う企業として、多くのお客様の資金をサポートしてきました。今回はよくあるご相談の中の一つである「借り換え」をテーマに綴りたいと思います。

 

不動産担保ローンを借り換えるメリットとは?

 

 
弊社のお客様には個人の方から法人の方まで幅広く、企業規模としても中小企業から大企業までサポートしています。それぞれ不動産担保ローンを活用して事業資金を借り換える時にはいくつかのメリットがあります。

 

(1)銀行が一時的に融資をしてくれない場合に活用

 
支払いなどが重なったり、売掛金の支払われるタイミングが先になったり、一時的な資金不足で銀行の審査が通らず融資が受けられない場合、事業が落ち着くまで弊社の不動産担保ローンに借り換えてご利用いただくケースはよくあります。お客様が所有する不動産を弊社独自の審査基準で評価させていただき、一時的な資金不足を補うことも可能です。

 

(2)ローンの返済額が抑えられることも!

 
無担保ローンをご利用いただいている方にとっては、不動産担保ローンを利用する方が金利が低くなり、借り換えるメリットは大きくなります。総支払額が軽減できる可能性が高くなります。

 

無担保ローンはお客様の状況や信用情報の確認保証会社の審査待ちなど時間がかかる場合が多い中弊社の不動産担保ローンは、保証会社を使わない独自の審査基準で迅速に対応させて頂いてるのでより早くお客様へ審査結果をお伝えする事ができます。

 

(3)毎月の返済額を軽減できることも

 

昨今のコロナ渦において、売り上げも減少している企業も多く、元々計画していた毎月の支払い金額を支払うのが厳しいとの相談はよく受けています。コロナ前には実現できた毎月の返済額も現在では遂行するのが厳しく、借り換えることによって返済期間にゆとりを持って、毎月の返済額を無理のない金額に調整するお客様も増えています。

ビジネスアシストの不動産担保ローンの返済期間は最長20年ありますので、お客様の事業計画に寄り添った返済期間をご検討いただけます。複数の金融機関から借入れを1つにすることで返済日が月1回になることで、資金繰りの計画が立てやすく、ゆとりを持って事業計画を遂行することにもつながります

 

不動産担保ローンの借り換えデメリット

 

 

(1)諸費用がかかる

 
借り換えでよく利用される不動産担保ローンですが、デメリットもあります。それは、金利以外の諸費用がかかってきます。例えば、根抵当権設定の登記費用や不動産調査費用などご依頼主の状況によって諸費用の額が異なりますので、借り換え前にきちんと把握しておく必要があります。

 

不動産担保ローンの借り換えはビジネスアシストへ

 

 

借り換えは一時的な資金不足を解消したり、返済額を軽減したりと目的は様々です。
中小企業や個人事業主にとって血液ともいえる「事業資金」をしっかり確保し、安定した経営を進めるためにも、「借り換え」は資金調達の友好的な手法でもあります。

弊社では沖縄で不動産担保ローンによって多くのお客様をサポートしてきました。
お客様の想いに寄り添い、経営に寄り添うことをモットーに、迅速に、的確な借り換え計画をご提案いたします。

まずはお気軽にご相談ください。

 

不動産担保ローンのページはこちら >

 

その他の新着

>新着一覧へ

ページトップへ